「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:おでかけ( 35 )

c0130705_1129773.jpg

日本一標高の高いスターバックスへ。
曇りでガスが多く、眺望はいまひとつ。

証明書を発行してくれました。


ここでも笑顔はいっぱい。
[PR]
「小麦とヒンメリ」ご予約受付中です。
9月1日 にちようび つばめ軽食店さんで・・・

くわしくはこちらへ

c0130705_11574212.jpg

大山の麓にある「小さじいち」さん。
ひさしぶりに会いに行って来ました。
今回は酵母をつかったランチをいただくことに。

全席、大山が見えるところ。
いつもとおなじ笑顔でむかえていただけました。
今回は麦の話で盛り上がり、お互いにがんばろうと言ってはげまし合える。
いっも会えなくても、こういう仲間がいてくれることに感謝。

ほんとうに、ありがとう。



c0130705_11575521.jpg

美味しかったプレート。

c0130705_11582637.jpg

今度は大山がみえますように。
[PR]
c0130705_22303343.jpg


ことしの夏は、お届けものはおやすみをいただきましたが、工房を開店しておりイベントもおなじにやらせていただいたので結局、なつやすみはほんのすこし。

強行でちょっとおでかけはしました。
龍馬のいる高知へ・・・


それでも・・・観光的なことはひとつもせずに、食べて、飲んで、ちょっとあるいて、また食べて・・・
完全に食べてばっかりの・・・(笑)
友人のだいすきな植物園でまったりして、かつおに舌鼓をうって、帰途に着きました。
いーっぱいのおいしい空気と、のんびりした時間。
なんにもかんがえなくていい一日。

たまにはね、たいせつなこと。



lichetteは10月1日で、4周年を迎えます。
ほんとうにありがたい気持ちでいっぱいです。
4周年を記念して、麻と木綿でふくろものをつくっていただきました。
限定数ではありますが、10月のお届けものといっしょにご予約承ります。

10月のお届けものは、10月1日におしらせいたします。(1日から10日まで受付、お届け日は11日以降の土・日・月)
10月は4年前からかわらずに焼きつづけているもの、それからちょっと季節のかおりのするもの。
とくべつなお届けものになる予定です。
いましばらくおまちください・・・みなさまに、笑顔をお届けいたします。
[PR]
c0130705_11224148.jpg

一年のうち、この時期になると白樺の木には不思議なことがおこる。
幹につーっとナイフをいれると、一枚樹皮がはがれるのだそう。

この季節だけの山からの贈りもの。


ちいさなパンかごをつくるレッスンがあったので、参加してきました。
たのしかった。
これから、つかっているうちに落ち着いた色になっていくそう。
たのしみ。
[PR]
c0130705_2105016.jpg



すこし前の話なのですが、とーってもあつい日に京丹後までおでかけしてきました。

いつも朝市でお世話になっている「ウーバレゴーデン」さんにお誘いいただいておでかけ・・・
たくさんでお邪魔したのですが、ちょっとした遠足気分でたのしかった。



お邪魔したのは・・・自然農法栽培家BIOさんの農家さん!
いつでもそうですが、あつくてぼーっとしてるlichetteはお勉強しに行ったのにもかかわらず、ほとんどむずかしくてわからなかった(青木さん、あいこさんごめんなさい)

自然農法というのは、お野菜たちを自然なかたちで栽培する方法らしいです。
肥料を使わないやり方。いま、よくいわれる有機栽培とはまったくちがうもの。土から作られるそうです。
どんなやり方でもつちは作られるんだろうけど、そのつくりかたが問題。土の中で微生物が育ち余分な有機物がない状態をうまくつくられるそう。

そうやって作られたつちは、ふかふかなおふとんのようでした。

みみずも、ばったも、かえるさんも・・・元気にいるのにお野菜は虫食いのないおいしそうなすがたで・・・
不思議だったけど、いろんなものが絶妙なバランスでそこにいる・・・感じがしました。

いきてるものみんな・・・空も、山もね。



鹿やいのししも来るものだから、それは作物にとってとっても困るのだと思うのですが。



BIOさんのレストラン「小さな食卓」で、お食事もいただきました。
みなさんのお野菜と海の幸、山の幸・・・食材の宝庫ですもん。その上、おふたりのシェフのお料理が素敵でした。素材の味がそのままのだいすきな感じ。

わたしはもっともっといろいろなことに感謝して、おいしいパンを焼かないとナァ・・・
気合をいれなおす一日でした。

BIOのみなさま、お世話になりました。
また、伺います!!!


京丹後のお野菜は7月の「ウーバレゴーデン」の朝市から、販売がはじまっています。
農家さんたちが来てくださるので、日ごろ聞きにくいことも聞けますよー。とってもやさしい方々なのでぜひぜひ。
[PR]
c0130705_148564.jpg


昨年の秋にみんなで種をまいた小麦ですが・・・
まぁまぁ順調に育っております。いまは15cmくらいのかわいい小麦たち。
葉っぱもふえています。

この時期は根っこをしっかりと張って、丈夫に育つ準備をする時期なのだそうです。
しかしちょっと葉っぱが黄色に・・・
肥料が足りないかもということで、今回は草むしり、追肥、麦踏みとおこなうことになりました。
小麦せんせいの指導の下、みんなでやりましたよー。

追肥は肥料が小麦にかかるとよくないそうで(根っこがまけてしまうそうです)、畝の真ん中にすこしずつまいていきます。
「土がやわらかいね~」といいながら・・・
カチカチの土では作物は自由に育つことができないそうで、ふかふかの土にしておくことがたいせつらしい。
最初が肝心ということですね。

さてきょうはプロジェクトメンバー、おやすみが多い中みんながつくってくれたごはんにlichetteは大満足。
わたしはいつも食べる係り。

こんどはなにかつくらないといけませんなぁ・・・
2月は寒いねぇ・・・

c0130705_14193238.jpg




みなさま、おつかれさまでした。
そして、ごちそうさまでしたっ!
[PR]
c0130705_23172727.jpg



京都宵えびすにでかけてまいりました。
毎年の行事ですが、ことしは京都へ・・・

寒桜も咲いていましたが、あたたかい一日でした。
福笹をいただいて、2年目なのでふたつ福をつけさせていただいて・・・(毎年増やしていくそうです)

ひいたおみくじは「大吉」で・・・とっても縁起がよいのでいただいてかえりました。
ことしもがんばります。



2月のお届けパンのご案内ですが、15日を予定しております。
節分なのでお豆のパンを・・・
いましばらくお待ちください・・・


lichette・・・1月の予定

京都ロジャヴェルデさんでの販売・・・1月 13日 27日いずれもすいようび 午後

神戸三宮カフェキャトルさんでの販売・・・1月 16日どようび 午後

西宮ウーバレゴーデンさん朝市・・・1月 24日にちようび 9時から


みなさまのお越しをお待ちしております。
[PR]
c0130705_7383952.jpg



ぶわーっと雨が降った次の日に、行ってきました。みてきました。
でてましたー。


プロジェクトAの小麦の芽です!!!
かなりテンション上がりますね。小学生のころの稲を育てた思い出が甦るくらい・・・
すなおにうれしい。

雨上がりだし、水やらなくていいし、草抜きもまだよさそう。
でもでも、畝によって小麦の生育のはやさがちがうのね。「ココ誰?植えたん?」なんていいながら・・・
スロースターターなのはわたしが植えたところかも・・・たぶんそう。

さて、いまのところ農家の方のいいところだけ経験させていただいているわたしです。



来月たのしみ・・・がんばれよーこむぎっ!
[PR]
c0130705_558922.jpg


ジャッキーのでていたあれ・・・あの映画のタイトル・・・は
関係ないのですが(お若い方に通じるかな?)

フレキシブルなパン仲間ふたりがたちあげたプロジェクト・・・
「小麦プロジェクト」が始動しました。


お祭り騒ぎがだいすきなわたし・・・さっそくでかけましたよー
第1回目は種まき。



みんなでわいわいやりました。


c0130705_645784.jpg

これが小麦・・・「春よこい」だそうです。
たしかにちいさいこむぎだぁ。


スコップで掘り返して、小麦をまいて、土をかぶせて、じょうろで水をまいていく。
みんなですこしずつ。







参加したみなさま、おつかれさまです。
来年の6月収穫をめざしてがんばりましょう。



それからそれから・・・プロジェクト発起人おふたりさま、ご飯の用意やら準備やら片づけやらいつもいつもありがとう。
またちょっと元気になりました。





 
[PR]
anniversaire lichetteのもうしこみ
締め切りまであと7日です・・・よろしくおねがいします・・・
詳細はこちら・・・



c0130705_058549.jpg


はじめていく映画館、とっても気に入りました。
まちあわせのところの感じも、スタッフの方の対応も・・・

「第七藝術劇場」・・・通称ななげい
いったん閉館になってしまったものを復興されたのだそうです。(詳細がわからなくてすみません)

きょうは「未来の食卓」を見てきました。


パンフレットからの抜粋ですが・・・


「農薬や化学肥料による食物汚染が、子ども達の未来を脅かす

すべての学校給食と、高齢者の宅配給食をオーガニックにしようと

フランスの小さな村が立ち上がった」


パン屋の仕事をするようになるまで、わたしがあたらしいなにかをほじめるときの考え方は・・・
「わたしにできるかどうか・・・」だった。
だから可能かどうかをまず模索する。今現在の自分に照らし合わせて、できないなとおもえばあきらめてたかも。

まだまだ、いまも根強くその考え方はあるかもしれないけれど・・・
それでも「どうやったらできるのか・・・」をかんがえるようにしてる。
可能性はどんなひとにも平等にある。

この映画は「どうやったらできるのかをかんがえたひと」がいっぱいでてくる。
自分たちの目指すもののために村全体がかんがえはじめて、村の人たちみんながそれを実行しはじめた。
もちろん、食のこともかんがえるのだけど、わたしはむしろどうやったら可能かを考え実行にうつしているその人たちのいきかたに感動した。

こうなりたいな・・・と素直におもえた。

lichetteでもすこしずつ努力していますが、わたし自身の生活ももうすこしみなおしたいな・・・
そしてちいさなlichetteにも「できること」をさがしたいなとおもってます。
[PR]